埋没毛の原因はムダ毛処理の方法に原因がある!?

憎き埋没毛の原因はムダ毛処理の方法に原因があった?

悩ませるムダ毛
ムダ毛が目に付くたびにイヤ〜な気分になりますよね。

 

そして、そんなムダ毛と同じくらい邪魔な存在である「埋没毛」。
黒いブツブツはテンションも大きく下がってしまうほど、とても気になるもの。

 

そんな埋没毛ですが、原因はいったい何なのでしょうか?

 

埋没毛とは?

ムダ毛の処理を行った後、皮膚の中で毛が成長をしていることを言います。

 

埋没毛

黒くてボコボコ・ブツブツしていたり、膿んでニキビのようになってしまう場合も・・・。

 

目立つので、憂鬱になる存在です。

 

埋没毛の原因はムダ毛の自己処理にあった!

埋没毛の原因の多くはムダ毛の自己処理と言われています。
そう聞いて、心当たりがある人も多いのではないでしょうか!?

 

早速、原因について詳しく見ていきましょう。

 

原因その@・・・カミソリ

手軽に取り入れることができるため、ムダ毛処理の方法として多くの人が利用していますよね。
実は、カミソリでのムダ毛処理は皮膚にとって最悪な状況を招きます。

 

なぜなら、ムダ毛と一緒に皮膚の角質も一緒に剃ってしまっている状態だからです。

 

カミソリで剃った後、すごくかゆくなったり赤みが引かない場合があるのは、角質が剥されてしまい、皮膚を守ることが出来なくなってしまう。剃った後もその部分がブツブツとした感触になり、不快ですが、剃り残しが皮膚の中に残り、埋没毛の原因となります。

 

また、傷ついた部分にメラニン色素沈着してしまうこともありますから、気を付けてください。
手軽なムダ毛処理の裏には、大きなダメージがあるということですね。

 

原因そのA・・・毛抜き

「毛抜きでムダ毛処理すると、皮膚にダメージがない」なんていう話は聞いたことがありませんか?

 

カミソリだと肌にダメージがあるけれど、毛抜きだと大丈夫・・・という風に捉えがちですが、しかし、カミソリ同様、毛抜きでのムダ毛処理も決して良いものではありません。

 

生えている毛を無理に引っ張ることになるので、毛穴には大ダメージを受けます。毛根から血が出てしまうこともありますし、炎症を起こしてニキビのように膿んでしまうことも少なくありません。膿んだり炎症を起こして痒くなってしまっては、皮膚にとって大打撃です。

 

膿んだ部分にも埋没毛は残ります。
そのような症状を避けるためにも、毛抜きでのムダ毛処理は避けたいですね。

 

原因そのB・・・脱毛ワックスや除毛クリームなど

市販の薬品などを使用してムダ毛処理する場合も、ご注意を。
自分の肌に薬品を塗っていくわけですから、もちろん肌には大きなダメージがあります。

 

毛を溶かすための要素が入っている薬品を使用するわけですから、皮膚も傷つき溶けてしまうこともあります。良いことは一つもありませんから、使用をするのは避けた方が良いでしょう。

 

特に肌の弱い人は気をつけてください。
お手軽で簡単な自己処理なのですが、簡単な分リスクが伴うと言うことでしょうか。

 

埋没毛

「簡単だから」「時間がないから」という理由で自分でムダ毛処理を行なう人も多いでしょう。しかし、その簡単な方法とは裏腹に、肌を痛めてしまうことにもなります。

 

角質が剥がれて炎症を起こしたり、また、剃り残しの毛が埋没毛として皮膚内に残り、メラニンの色素沈着にもなってしまいます。埋没毛を残さないためには、正しいやり方でムダ毛処理をしてください。

 

また、埋没毛だけではなく、皮膚にもダメージなくキレイなツルツル肌を手に入れたいのならプロに任せるのを検討されると良いでしょう。