光脱毛のメリット!医療脱毛とどこがどう違うの?

光脱毛のメリット!医療脱毛とどこがどう違うの?

 

光脱毛とは、主にエステで行われている脱毛方法です。

 

メラニンに反応しやすいように調整した光を、カメラのストロボのように瞬間的にムダ毛の毛根部分に照射して、毛の再生組織を破壊することで脱毛を行います。

 

医療機関によるレーザー脱毛よりも、一回の施術においては、所要時間も短く比較的安価で痛みも少ないですが、レーザーに比べて光線が弱いため、脱毛が終了するまでの期間はある程度かかります。

 

光脱毛のメカニズムは、抑毛に効果的なジェルを脱毛部位に塗り、そこに光を当てることで、ジェルが毛穴に浸透し、毛包細胞に反応させて毛の成長を抑えていくという仕組みです。

 

注意点としては、光脱毛の特性である拡散光のために、皮膚に近すぎると火傷などのダメージが引き起こされたり、遠すぎると脱毛効果が弱くなったりするところです。そのため、施術には確かな技術を持った人が不可欠ですので、信頼のおけるサロンなどを慎重に選ばなければなりません。

 

とは言え、エステの光は医療クリニックで使用されるレーザー脱毛と比べると出力は低く、肌へのトラブルは起こりにくいものですので、神経質になる必要はありません。

 

お肌を整える効果もあるため、脱毛後はきめ細やかな肌になり美白効果も得られます。

 

フラッシュ式は家庭用脱毛器にもあり、医療機関でなくても使用できる脱毛方法です。ただし、出力が弱いので、長期間で脱毛していくことになるので時短脱毛をしたい人には向きません。

 

光脱毛の良い点

何と言っても、料金が安いということ!

 

部位別のワキ脱毛などは時間的なモノに拘束されないのであれば、断然フラッシュ式の光脱毛がお得!

 

ほとんどの、エステサロンは回数無制限の通い放題プランですから、コスパはかなりのモノ!レーザー脱毛よりも光脱毛の方が安価です。

 

痛みもほとんどなく肌へのトラブルも少ないので、脱毛に対して心配がある人には向いていると思います。

 

あと、光脱毛は毛穴を引き締める効果もありますので、脱毛に加え美肌も手に入れることができるという特徴も見逃せません。

 

肌に与えるダメージは少なく、肌にやさしく設計されています。

 

広範囲を照射可能である1回の施術時間は短いです。そして痛みがなんといっても少ないのが医療レーザーと大きく違う点でしょう。

 

光脱毛のイマイチな点

メリットの逆な部分がデメリットにも繋がります。

 

例えば、肌に優しいということは、医療脱毛と比べると断然脱毛効果は薄いということでもあります。

 

光脱毛の効果は、医療レーザーによる脱毛に比べて、効果のほどは低いです。そもそも医療レーザーのような強力な機械は、医療機関でしか扱えないと法律で定められています。

 

光脱毛は多くのエステサロンなどで行われていますが、誰でも扱える分だけ、出力の弱い機械で脱毛を行うのです。ですから、早く高い効果を得たいならば、医療機関でレーザー脱毛を受けられると良いでしょう。

 

ですが、光脱毛の効果が低いといっても、それはレーザーに比べてということで、脱毛効果は確かにあります。

 

ただ、1回施術を受けただけで効果を実感することは稀です。
2〜3カ月程度の期間を置きつつ、6回ほど施術を受ければ効果が実感できるでしょう。

 

12〜16回以上行えば、大抵の人が脱毛完了となります。
ですから、2年ぐらいの長期にわたって施術を受け続けなければなりません。

 

脱毛サロンの光脱毛が得意とする部位はどこ?

1回あたりは安価ですが、総合的には医療脱毛より若干安いと言う程度ですので、料金的には医療脱毛と比べてもさほど優位性はありません。

 

ちょっと前までは、エステ脱毛に軍配が挙がっていましたが、今は医療クリニックでの脱毛も極端に高いと言うわけではありません。効果を差し引きすると遜色ないからと医療を選ぶ人も増えてきています。

 

しかし、医療は医師が行うので安全とは言え、肌の弱い人にはヤケドなどのリスクが伴います。

 

特に顔などの産毛部位は、敏感な部位です。脱毛器を選びますが、医療でも顔脱毛はもちろん可能ですが、肌トラブルが気になる人は、エステ脱毛を選択するのも有りです。

 

また、美肌効果があるので顔はエステ脱毛が得意とする部位とも言えます。

 

医療脱毛との違いについて

光脱毛はやさしくゆっくり効果を感じるものなので時間がかかります。しかし、全身を医療脱毛にすると高額にもなりますので、部位によって使い分ける方法はおすすめです。

 

上で挙げたように顔は光、VIOは抜けにくいので痛みはあるけど麻酔剤が使用できる医療脱毛...と言ったように、双方の良い点を考慮しながら選んでみるのも良いですね。

 

レーザーの種類

脱毛器の種類と特徴

レーザーといっても色々な種類があるのですが、ここでは主要な「ダイオードレーザー」と「アレキサンドライトレーザー」「YAGレーザ(ヤグレーザー)」の3つを見ていきます。

 

中でも最近の主流は「ダイオードレーザー」です。
進化していますので、ダイオードレーザーを中心に解説していきます。

 

ダイオードレーザーの特徴

最先端の医療レーザー脱毛機器と言われています。永久脱毛にとても効果があるとされており、安全性もあるレーザー脱毛機器です。脱毛以外にも美肌(シミ・ほくろを薄くするなど)効果も期待されるため、医療脱毛で利用されることが多くなりました。

 

機種の特徴である冷却や吸引には痛みを和らげる機能が備わっており、照射の痛みを比較的軽減できるようになっています。そして、なんといっても照射腫れの危険が少ないことです。現在最も多く採用されている脱毛レーザーとも言われています

 

産毛等にも使い勝手のいいレーザーなので、色黒な方や日焼けをしている方にはこちらがおすすめです。
ジェルを使用し、レーザーと同時に肌を冷却しながら施術をするのがポイントです。

 

ダイオードレーザーが得意なこと

他の機器より高い精度の波長を調整可能で、日焼けした肌や細い毛にも脱毛効果を感じられるようになっています。その為、日焼けだけでなく色黒の方でも安心して施術を受けることができます。

 

ダイオードレーザーの得意な脱毛部位

産毛などに期待できます。また日焼けした肌でも使えます。
様々な毛質や肌質に対応できる万能機種です。

 

ダイオードレーザーの種類

メディオスター

毛根より浅い層の発毛因子を破壊して脱毛をします。その為永久脱毛を可能にしています。蓄熱式というものでゆっくり発毛因子に熱を与えることで痛みが少ないです。

 

照射範囲が広く従来の半分程度と大幅に短時間の施術が可能です。日焼けなどへの照射も可能です。

 

ライトシェアデュエット

世界でシェア率が高い機種です。痛みがかなり軽減されています。毛根のメラニン色素破壊に加え照射口が広く、形が四角なので広範囲なのはもちろん照射もれしにくい特徴があります。

 

出力調整で痛みを抑えることもできます。しかし日焼け後はあまり向いていません。

 

ソプラノ

毛包にダメージを与えて脱毛効果を発揮させる点ではダイオードレーザーの良いとこを持っていますが、それに加え毛周期に関係なく脱毛できます。メラニン色素に反応しないため、痛みを感じにくいです。

 

日焼けでも可能です。痛みが少ないのでVIOなどに向いています。

 

アレキサンドライトレーザーの特徴

ジェルは必要ありませんので、べたべた感がイヤという人にはおすすめです。

 

メラニン色素に対する反応がダイオードレーザーと比べて低いため、産毛には対応しにくいという欠点があるのですが、トラブルの危険性も低く、安心して脱毛をすることが可能です。

 

また、しみ・そばかすにアプローチしてくれるという美肌効果も期待できますが、痛みを感じやす、くいわゆる「ゴムではじかれるような痛み」はアレキサンドライトレーザーの特徴かも。

 

ですが、脱毛効果も高いですし、しみなどにもアプローチするため、肌トラブルで悩みがある方は、アレキサンドライトレーザーを一考しておくとお得かもしれません。

 

各レーザーの特徴をよく知っておくことが、自分にとって最適の脱毛をする第一歩です。

 

YAGレーザ(ヤグレーザー)の特徴

他の機種よりレーザーの波長が長いため、肌の奥に届く特徴があります。その為、痛みも感じるのですが、根深い頑固な毛にも効果が期待できます。

 

黒い色素めがけて熱を発生させ脱毛で大変活躍している機種です。

 

ヤグレーザーの得意とする脱毛部位はココ

メラニン色素への反応が薄い為、効果がでにくいとか色素沈着で悩ましいVIOやワキ、肌の黒い部分などに局所的に活用できます。また、毛が濃い人や毛根の深い毛などに効果が得られます。

 

他の機種で残してしまった毛を処理する時などにも活用できます。
濃い毛に期待できますが産毛、美肌、日焼け後などにも万能です。

 

ヤグレーザーの種類

ロングパルスヤグレーザー

波長が長い為、効果がわかりやすいです。

 

G-Max

脱毛と美肌の総合的に使える機種です。

 

ジェントル

照射の際に炭酸ガスを発生させるため、火傷になりにくいです。