光脱毛のメリット!医療脱毛とどこがどう違うの?

光脱毛のメリット!医療脱毛とどこがどう違うの?

光脱毛のメカニズムは、抑毛に効果的なジェルを脱毛部位に塗り、そこに光を当てることで、ジェルが毛穴に浸透し、毛包細胞に反応させて毛の成長を抑えていくという仕組みです。

 

家庭用脱毛器もあり、医療機関でなくても使用できる脱毛方法です。ただし、出力が弱いので、長期間で脱毛していくことになるので時短脱毛をしたい人には向きません。

 

光脱毛の良い点

肌に与えるダメージは少なく、肌にやさしく設計されています。

 

広範囲を照射可能である1回の施術時間は短いです。そして痛みがなんといっても少ないのが医療レーザーと大きく違う点でしょう。

 

光脱毛のイマイチな点

メリットの逆な部分がデメリットにも繋がります。

 

例えば、肌に優しいということは、医療脱毛と比べると断然脱毛効果は薄いということでもあります。

 

脱毛サロンの光脱毛が得意とする部位はどこ?

1回あたりは安価ですが、総合的には医療脱毛より若干安いと言う程度ですので、料金的には医療脱毛と比べてもさほど優位性はありません。

 

ちょっと前までは、エステ脱毛に軍配が挙がっていましたが、今は医療クリニックでの脱毛も極端に高いと言うわけではありません。効果を差し引きすると遜色ないからと医療を選ぶ人も増えてきています。

 

しかし、医療は医師が行うので安全とは言え、肌の弱い人にはヤケドなどのリスクが伴います。

 

特に顔などの産毛部位は、敏感な部位です。脱毛器を選びますが、医療でも顔脱毛はもちろん可能ですが、肌トラブルが気になる人は、エステ脱毛を選択するのも有りです。

 

また、美肌効果があるので顔はエステ脱毛が得意とする部位とも言えます。

 

医療脱毛との違いについて

光脱毛はやさしくゆっくり効果を感じるものなので時間がかかります。しかし、全身を医療脱毛にすると高額にもなりますので、部位によって使い分ける方法はおすすめです。

 

上で挙げたように顔は光、VIOは抜けにくいので痛みはあるけど麻酔剤が使用できる医療脱毛...と言ったように、双方の良い点を考慮しながら選んでみるのも良いですね。